キャッシュパスポートのメリット・デメリット|海外旅行・留学・ワーホリ

キャッシュパスポートのメリット・デメリット|海外旅行・留学・ワーホリ

キャッシュパスポートって?


⇒キャッシュパスポートについて詳しくはこちら

 

キャッシュパスポートのデメリット

日本国内でしか作れない

キャッシュパスポートは出国前につくらなければいけません!!

 

クレジットカードと違い、審査がないのでだいたい10日程度で届きますが、余裕を持って準備しましょう♪

 

手数料がかかる


ATMで引き落としをする場合、$2または¥216かかります。

 

キャッシュパスポートのメリット

ネットで入金可能

インターネットバンキングで入金ができるので、自分で入金することもできるし、日本にいる親などから入金してもらうことも可能!!

 

24時間サポート

何か困ったことがあっても大丈夫!
24時間サポートセンターに電話すれば助けてくれます!!

 

スペアカード


スペアカードがあるので、万が一盗難にあった場合でも、盗まれた方のカードを停止し、スペアカードのみ稼働することが可能!!

 

海外でのマネー管理方法

海外留学経験者+海外旅行マニアの私の意見としては、

  • 最低限の現金
  • クレジットカード
  • キャッシュパスポート

が1番安心感があります。

 

私の海外でのお金の使い方

現金

路面店や$10以下の買い物は現金で済ませます。

 

クレジットカード

高額な買い物はクレジットカードで♪

 

また、クレジットカードは、ホテルにチェックインする際などに提示を求められることもあるので、必ず1枚は持っていくようにしています。

 

キャッシュパスポート

留学の際は、定期的に日本にいる両親に振り込んでもらい、必要な時に必要な分だけキャッシュパスポートで現金を引き出していました。

 

「海外送金などの方法がよくわからない」といっていた母親も、口座に振り込むだけで良いので簡単でわかりやすいしラクと言っていました(^^)

 

また、海外送金だと時間がかかることもあるので、キャッシュパスポートは緊急の場合もかなり助かりました!!

 

旅行のときも、

  • 現地到着後、現地通貨で引き落としする場合
  • 現金が足りなくなった場合

に使っていました。

 

キャッシュパスポートを持っていると安心感があるのでおすすめです♪

 


⇒キャッシュパスポートの申込みはこちら