留学にキャッシュパスポートを持っていくべき理由《お得な必需品》

留学にキャッシュパスポートを持っていくべき理由《お得な必需品》

キャッシュパスポートとは、デビットカードとクレジットカードが合わさったような非常に便利なカードです。私も1年前にオーストラリアに留学に行った際にこのキャッシュパスポートを作りました。旅行やワーキングホリデイとは違って留学はあくまで勉強しに行くわけですから、お金の面であまり気を使いたくないですよね。その方がより気兼ねなく勉強に集中できると思います。

 

留学にキャッシュパスポートを持っていくべき理由(1)

まず、キャッシュパスポートはクレジットカードではないので、面倒な審査などもいりません。大学の生協などで気軽に申し込むことができます。学生でも作ることができます。

留学にキャッシュパスポートを持っていくべき理由(2)

また、マスターカードなので、殆どの国やお店で使うことができます。一応お店によっては使えるカードが限られているところもありますが、私の場合は使えなかったお店は一つもありませんでした。海外に現金をたくさん持っていくのは非常に不安という方は作った方がいいでしょう。

留学にキャッシュパスポートを持っていくべき理由(3)

それでも交通料金や使えない店が出てきて、現金が必要になってくると思います。そんな時はATMで現金を引き出すことができます。簡単に言えば、キャッシュパスポートはプリペイド式のクレジットカードのようなものだと思ってください。なので、最初日本を出る前にいれておいた残高がなくなっても、日本にいるご家族に頼んで残高を追加することができます。

 

万が一紛失した際にも国際電話ですぐとめてもらえますし、スペアカードがあるのですぐにお金に困ることはありません。本当に留学生活には便利なカードです。